2009年05月12日

イギリスに広がる菜の花畑

ゴールデン・ウィークをはさんで、10年ぶりにイギリスへ旅行した。
イギリスは、新型ウィルスにかかった人がいち早く見つかり、少し心配したが、北部の方だったことからロンドンは全く関係ないという感じで、観光客も多く、マスクをしているのは、日本人だけだったようだ。

ロンドンから郊外に小旅行をしたが、私が目を疑ったのは、列車やバスの窓から黄色の花畑が一面に広がって見えることであった。良く見ると菜の花畑である。


かつて丁度30年前、サッチャー首相が登場した時から2年間、BBC(英国放送協会)の海外部門で働くため、ロンドンに滞在した経験からすると、意外な風景である。


前日、久しぶりにトラファルガー広場に近いナショナル・ギャラリーで、19世紀に活躍したコンスタブルの風景画を見ていたせいもあるかもしれない。
この画家の一つの特徴は、刻々と移り変わるイギリスの空と雲を見事に描いた風景画である。それは、北国イギリスらしい、ややくすんだ緑色の印象が強い。
コンスタブルの世界は今でも、イギリス郊外の風景に残っている。その中で、菜の花の南国的で明るい黄色は何となくそぐわない気がしたのである。

イギリス人の友人3人に聞いたところ、案の定、2人までが「あれはイギリスにふさわしい花ではない」と言う。
そのうちの一人は、「菜の花の匂いも油臭い」「経済優先の作物だ」と嫌悪感を示すほどである。
経済優先というのは、バイオ燃料の作物栽培にEU(欧州連合)が助成金を出すということを指すようである。
3人のうちもう一人は、時代の要請を認めるという印象であったが、好きな花とは言わなかった。

何と、日本と違うことか。
因みに、菜種は英語でレイプ(rape)と呼ばれる。綴りもあの犯罪のレイプと同じである。
もっとも、イギリス人が菜の花に親しめないのは、言葉のせいではなさそうであったが。





同じカテゴリー(雑感)の記事
 高千穂の明日を考える (2010-03-16 14:13)
 北京オリンピックの一つの見方 (2008-08-01 15:04)

Posted by hamachan at 13:53
この記事へのコメント
経済について物申すほどの人間ではありませんが
10年ほど前、私もイギリスに行ったことがあり、内容も興味深く、ついつい引き込まれ読ませて頂いたところです。
足跡がわりにコメント残させて頂きました。
また寄らせて頂きます。
Posted by suzysuzy at 2009年05月12日 16:58
>suzyさんへ
ごめんなさい、pasokonkonです。
代理で・・・
今日のこの記事、浜野先生初の画像upで、二人で、「今日はちょっと色気が出ましたね!」って、笑いあっていたのです。
ここには、ちょっとだけですが、今日の私は、このご旅行のステキなお話をたくさんお聞きしました。
suzyさんがおっしゃっているように、菜の花と経済、思わぬところで、浜野先生らしい観点、さすがですよね。

教養高き方でありながらも、ホントにほんとに、それをひけらすような素振りも無いステキな紳士です。

>浜野先生へ
でしゃばって、すいません。
なんだか、嬉しくって・・・
今日は、ロンドンお土産、ありがとうございました。
Posted by pasokonkonpasokonkon at 2009年05月12日 21:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
hamachan
hamachan
浜野崇好(はまのたかよし)

経済コラムニスト



1935年6月宮崎市生まれ



NHK経済記者・解説委員を経て、宮崎公立大学学長・理事長。

退任後、フリーの経済コラムニストとして活動。



クローバー浜野崇好の

オフィシャルサイト

経済コラムニスト 浜野崇好 オフィシャルサイト

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
削除
イギリスに広がる菜の花畑
    コメント(2)