2012年02月10日

経常収支赤字国に転落する日

2011年の貿易収支が31年ぶりに赤字となったニュースに続いて、経常収支の黒字幅も15年ぶりに10兆円を割り込んだことが財務省の調べで明らかになった。
言うまでもなく、貿易収支は輸出と輸入の差を表し、経常収支はこれに所得収支(海外投資から得られる配当や利子など)と経常移転収支(国際機関への拠出など)を含めたものである。

米国は世界最大の経常収支赤字国であるが、日本は長年、国際競争力のある製造業が輸出で外貨を稼ぎ、経常収支の黒字を保ってきた。
かつて黒字幅が大きくなり過ぎていると批判され、貿易摩擦を引き起こした時期もあったのに、それが今や貿易赤字になり、経常収支の黒字が急減するという様変わりの状態になっているわけである。

折から、日本の輸出を支えてきた大手の電機・自動車などのメーカーで驚くような大幅赤字や減益の決算が報道されている。
日本の国力が衰えてきたことを示しており、日本が経常収支赤字国に転落する日も近いと危惧する見方も出て来た。

しかし、経常黒字減少の直接の原因としては、東日本大震災で国内生産が大きな打撃を受けたのと、超円高で輸出が減少したこと、さらに、原発事故のため割高な火力発電用燃料の輸入が増加したことなどが挙げられており、どちらかと言うと、構造的な要因より、突発的な要因の方が大きいと考えられる。

米国で見られるように、経済が成熟した国は、新興国からの輸入が大幅に増えて貿易赤字が拡大する。
その一方で、海外に工場進出を図るなど海外直接投資からの収益は増大し、所得収支の方は黒字を保つ傾向がある。
問題は所得収支の黒字を貿易赤字で食いつぶさないようにすることである。

日本も所得収支の黒字が増えつつあるが、その中身をみると、直接投資より米国債の利子収入など証券投資によるものが多いようだ。
超円高の水準にある今のうちに、海外への直接投資を推進することが望ましい。

これまで日本は、しばしば経済の難局を乗り切ってきた。
貿易収支の赤字が続けば、今の超円高は是正の方向に変わる可能性もあるだろう。
時期を見誤らず、自信を持って適切に対処すれば、まだまだ経常収支の黒字をしっかり保つことはできると信じる。
  


Posted by hamachan at 22:29

2012年02月02日

大学「秋入学」への一視点

1月中旬、東京大学のワーキンググループが入学時期について、従来の春から秋に全面的に移行するという素案をまとめたことが報道され、大きな反響を呼んでいる。
東大は、早ければ5年後に実施したい意向を明らかにしている。

各マスメディアのアンケート調査では、国立大学の3~4割が、秋入学を検討すると答え、私立大学でも前向きで検討する意向を示すところが見られる。
また、平野文部科学大臣も「改革の一歩であり、シッカリ注視し、支援していきたい」と述べ、産業界でもグローバル展開を目指す企業などからは、積極的に評価する声が聞かれる。

秋入学の最大のメリットは、何よりも国際的に大勢となっている秋入学を導入すれば、留学生の受け入れや海外への派遣、海外との大学教員の交流などがしやすくなり、増加が見込まれることである。

殊に日本から海外に留学する学生が少なく、内向きになっているだけに日本からの留学を増やし、若者の国際感覚を磨いてもらいという期待がある。
大学側には、日本の大学の国際的な評価を高めたいという願いもあるようである。
また、入試から入学までに生じる半年間の「ギャップタイム」を海外へのホームステイや、ボランティア活動など多様な経験を積む場にしてもらいたいという考えも示されている。

しかし、これまで私立大学で秋入学を試行して、うまく行かなかった例もある。
アンケート調査には、医学系や教育系の大学で秋入学に消極的な姿勢が示されているようだ。
これは医師や教員になるための資格試験が春に卒業することを前提にしているためと考えられ、こうした秋入学・卒業の環境が整備されなければ、卒業が半年~1年延びることによる学生の経済的な負担が重くなるだけでなく、年金にも影響するであろう。

さらに、こうした環境整備を短期間で行うことは困難という見方からであろうか、当分は春、秋の入学を混在させるという案が出ているが、その場合、就職を受け入れる企業側はどうするのだろうか。この際、通年採用に気に切り替えてはどうかと言われるが、一気にできるのだろうか。

秋入学の導入は、確かにメリットが大きいと思うが、反面で生じるさまざまな影響を熟慮し、デメリットを少なくする必要がある。




  


Posted by hamachan at 16:22
プロフィール
hamachan
hamachan
浜野崇好(はまのたかよし)

経済コラムニスト



1935年6月宮崎市生まれ



NHK経済記者・解説委員を経て、宮崎公立大学学長・理事長。

退任後、フリーの経済コラムニストとして活動。



クローバー浜野崇好の

オフィシャルサイト

経済コラムニスト 浜野崇好 オフィシャルサイト

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter