2011年12月16日

夢を抱かせる新技術

今年2011年は、大地震、津波、原発事故、超円高等々、大変な試練の年であったが、発明王エジソンが没して80年でもあったとか。
そこで年の瀬を迎えて、最近のニュース報道から、人々に明日の夢を抱かせる新技術の例を拾ってみた。

11月に、日本のスーパーコンピューター「京(けい)」が1秒間に1兆の1万倍、つまり1京回超の計算速度を達成し、7年ぶりに世界一になったことが話題になった。
このスパコンは冷蔵庫ほどの大きさの計算機を864台つないで同時に動かしたものだと言う。
ところが、国立情報学研究所が考案したレーザー光活用の新しいタイプのスパコンは、手のひらサイズで、しかも桁違いの超高速計算が可能となる。試作機は、5年後に完成するというのである。(日経9.19付)

この日の同紙には、東京農工大学で、昆虫の体液を利用して発電するバイオ燃料電池の開発が進められており、これをゴキブリに取り付けて原発の内部の情報を探ろうという試みも紹介されていた。
原発事故の復旧にはロボットが重要な役割を担うとみられているだけに、人が入れない原発内部で活躍できる多様なロボットの開発が待たれる。

実用化できるかどうかは分からないが、ユーモアある発明や研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」を今年受賞した日本人の研究は、聴覚障がい者が寝ているときに、「わさび臭」で知らせる警報装置であった。
また、東北大学などでは「音で発電」する研究も行われており、超音波を使って微小電圧の発電実験が成功したとも伝えられる。

実用化が急がれるのは、7月に報道陣に公開されたというトヨタの衝突を避けるための新技術で、クルマを運転中にブレーキを踏んでも間に合わないとき、自動制御でクルマの向きを変えるというものなど、安全を守る新技術である。

新技術が次々に登場するのは、電子工学の分野が多いが、医学や遺伝子工学でも、マウスの皮膚の細胞から精子を作るといった、一昔前には、全く考えられなかったような新しい動きが報道されている。

人材が資源という日本にとっては、こうした新技術こそが経済発展の力となる。
新技術を生かすためには、倫理的な問題などは慎重さが欠かせないとしても、新技術の応用を妨げる規制を見直すことも必要となる。



  


Posted by hamachan at 13:51

2011年12月02日

天然ガスは原発の代わりになるか

東電福島第一原発の事故以来、原発に頼らないエネルギー源の確保が課題となっている。
最も望ましいのは、太陽光や水力、風力など再生可能なエネルギーを利用する発電である。
既に各地で、再生可能なエネルギーへの取り組みが始まっているが、発電に占める割合は2%程度しかなく、既存の原子力発電に匹敵する水準まで引き上げるにはまだ長い時間がかかりそうである。

最近脚光を浴びるようになっているのは、液化天然ガス(LNG)である。
石油や石炭と同じ化石燃料であるが、温暖化については比較的地球にやさしいのと、埋蔵量が豊富で、石油のように供給地が偏っておらず、しかも最近、米国で頁岩層(けつがんそう)にあるシェールガスを掘削する技術が開発されたことなどから、供給の増加と価格の低下に大きな期待が寄せられるようになったのである。

現にニューヨークの取引所での北米産の天然ガスの相場は、日本の5分の1程度になっている。
しかし日本では、この価格は通用しない。
アジアでは、天然ガスの価格は、投機的な資金も入って値上がりしやすい原油価格に連動して決められているためである。

そこで、日本と韓国などが協力して原油連動式価格を改める方策を模索したり、日本の商社を中心に北米でシェールガス掘削の権益を取得して開発しようとする動きが報道されている。
いずれも、取組が始まって日が浅く、日本の戦略と交渉力を高めることが重要になる。

日本の近海、特に東海から九州にかけての太平洋側の海底には、メタンハイドレートという天然ガスがシャーベット状で大量に存在すると見られている。
掘削する技術が開発途上にあり、いつごろから実用化できるか分からないが、日本の今後の有力なエネルギー源の一つとして、これも目が離せない。
  


Posted by hamachan at 11:57
プロフィール
hamachan
hamachan
浜野崇好(はまのたかよし)

経済コラムニスト



1935年6月宮崎市生まれ



NHK経済記者・解説委員を経て、宮崎公立大学学長・理事長。

退任後、フリーの経済コラムニストとして活動。



クローバー浜野崇好の

オフィシャルサイト

経済コラムニスト 浜野崇好 オフィシャルサイト

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter